Let's Encrypt 公開ベータプログラムが始まりました

本日、Let's Encrypt の公開ベータプログラムが開始できたことを、私たちはとても嬉しく思います。

これにより、招待状なしで、Let's Encrypt の無料 SSL/TLS サーバ証明書を取得できるようになりました。

これは、ウェブをセキュリティとプライバシーの面において前進させるための、大きな一歩です。私たちは、HTTPS が「デフォルト」になることを望んでいます。

Let's Encrypt の目的は、SSL/TLS サーバ証明書の取得・管理を簡単にできるようにして、HTTPSを「デフォルト」にすることなのです。

私たちには、限定ベータプログラムにご参加いただいた全ての皆さまに感謝いたします。

Let's Encrypt は、限定ベータプログラムの実施期間中に、26,000枚を超える SSL/TLS サーバ証明書を発行してきました。

皆さまのおかげで、Let's Encrypt のシステムを正しく機能させ、自信をもってパブリックベータプログラムを開始するための、貴重な見識を得ることができました。

また、全ての スポンサー (英文) のご支援にも感謝申し上げます。そして、本日 Facebook が新しくゴールドスポンサーになった (英文) ことを嬉しく思います。

私たちには、気持ちよく「ベータ」の名前を完全に外す前に、特に Let's Encrypt クライアントソフトウェアのユーザー体験の改善について、やらなければならないことがあります。

Let's Encrypt の戦略の要は、オートメーション(SSL/TLSサーバ証明書の取得・更新、Apache・nginxなどのWebサーバ設定のプロセスの自動化)であるため、クライアントソフトウェアが幅広いプラットフォームで円滑かつ確実に動作することを確かめる必要があります。そのため、ユーザーからのフィードバックをモニタリングした上で、できるだけ速やかに改善を行っていきます。

Let's Encrypt コミュニティのサポート (英文) は、私たちのコミュニティにとって大変貴重なものです。Let's Encrypt について分からないことがある場合には、Let's Encrypt コミュニティサイト (英文) を使用することを強くお勧めします。

Let's Encrypt は、様々な個人や組織からの支援に支えられています。Let's Encrypt への 関与 (英文) をご検討ください。

また、もしあなたの会社や組織・団体が Let's Encrypt のスポンサーとなることを希望している場合には、電子メールで sponsor@letsencrypt.org までご連絡ください。

スポンサーリンク
Menu
ページトップへ