2015年12月3日に公開ベータプログラムを開始

Let's Encrypt は、2015年12月3日に公開ベータプログラムの段階へ入ります。

今まで(限定ベータプログラムの実施期間)は、限定ベータプログラムへの参加希望申請を行って招待されるのを待つ必要がありました。しかし、パブリックベータの段階へ入るとその必要がなくなり、証明書を求める全ての人が Let's Encrypt を利用できるようになります。

Let's Encrypt の限定ベータプログラムは、2015年9月12日に始まり、今までに11,000枚を超えるSSL/TLSサーバ証明書を発行してきました。こうした運用経験があるので、Let's Encrypt のシステムは限定ベータプログラムを開始する準備ができている段階にあると、確信しています。

これは、ウェブをセキュリティとプライバシーの面において前進させるための、大きな一歩です。

私たちには、気持ちよく「ベータ」の名前を完全に外す前に、特に Let's Encrypt クライアントソフトウェアのユーザー体験の改善について、やらなければならないことがあります。

Let's Encrypt の戦略の要は、オートメーション(SSL/TLSサーバ証明書の取得・更新、Apache・nginxなどのWebサーバ設定のプロセスの自動化)であるため、クライアントソフトウェアが幅広いプラットフォームで円滑かつ確実に動作することを確かめる必要があります。そのため、ユーザーからのフィードバックをモニタリングした上で、できるだけ速やかに改善を行っていきます。

Let's Encrypt は、様々な個人や組織からの支援に支えられています。Let's Encrypt への 参加 (英文) をご検討ください。

また、もしあなたの会社や組織・団体が Let's Encrypt のスポンサーとなることを希望している場合には、電子メールで sponsor@letsencrypt.org までご連絡ください。

スポンサーリンク
Menu
ページトップへ